内側の痔、便が硬い場合の痔の薬

内側の痔には注入軟膏や坐剤、便が硬い場合は、内服薬も併用する

痔にはいくつかタイプがあるが、切れ痔(裂肛)やいぼ痔(内痔核・外痔核)で、軽度であればOTCでケアできる。
まず試してみたいのは、患部に直接作用する外用薬。切れ痔や外痔核には手に取って塗れる軟膏、内痔核には内側に挿入できる注入軟膏や坐剤がある。痔のタイプによって薬の剤形を使い分けられる。
痛みや腫れ、かゆみなどが強い場合は、抗炎症効果に優れたステロイド剤を配合した薬を使うと短期間で改善する。

軽い切れ痔などでかゆみが主体の場合は、抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンマレイン酸塩や非ステロイド性の抗炎症成分配合の軟膏でもよい。

排便が硬くてツライ場合は、内服薬も

外用薬だけでは、なかなか症状がとれなくてつらい、あるいは便が硬くて排便のたびに肛門が痛む、といった場合は、内服薬を併用する方法もある。
一般によく用いられるのは、乙字湯(オツジトウ)という漢方薬だ。便が硬いために力一杯息んで排便し、肛門がうっ血したり切れて痔になった人に最適。
比較的体力のある人に適した薬で、下剤成分のダイオウを含んでいる。
もともとお腹があまり丈夫でない人がのむと下痢をしてしまうため、まずは小量から試してみる。

乙字湯に、静脈のうっ血をとる作用をもつセイヨウトチノキの種子エキスを加えた薬もある。
肛門内の粘膜のくぽみに細菌が感染して、お尻の表面に向って膿の管が伸びたあな痔仙(痔瘻)や、内痔核が肛門の外に飛び出し戻せなくなった脱肛などはOTCで治せないので、早めに医療機関の受診が必要。

痔の薬

外用薬(ステロイドあり)

炎症を和らげるプレドニゾロン酢酸エステル(ステロイド成分)に加え、局所麻酔剤リドカインなどを配合。肛門の内部の痔には注入、外側や周辺の痔には塗布と、二通りで使用できる。

炎症を抑えるヒドロコルチゾン酢酸エステル(ステロイド成分)、痛みを鎮めるリドカイン、出血を予防するトコフェロール酢酸エステルなどを配合。患部付近に成分がとどまり効果を発揮する。

消炎成分の酢酸ヒドロコルチゾン(ステロイド剤)、痛みやかゆみを和らげるアミノ安息香酸エチルとリドカインなどを配合。外側の痔に塗る軟膏タイプ。べたつかないので下着に付着しにくい

外用薬(ステロイドなし)

シコンやトウキなどの生薬を配合した漢方の軟膏。患部の肉芽形成を促進して治癒を早め、皮膚をなめらかにする。痔のほか、やけど、外傷、ひび、あかぎれなどにも効果がある。

炎症を和らげるグリチルレチン酸、局所麻酔剤リドカイン、傷の治りを助けるアラントインなどを配合。内部の痔の痛み、かゆみに効果を発揮。挿入後、体温で溶けて薬剤が患部全体に行きわたる。

内服薬

  • 穏やかな排便作用により便通を良くしながら、患部の血行を促進して痔の症状を改善します。