「イソジン(ポビドンヨード)」のうがい薬でコロナの重症化を防ぐと大阪の吉村洋文知事

「イソジン(ポビドンヨード)」のうがい薬によるうがいは、風邪やインフルエンザ対策として昔から行われてきたことですが、実際の新型コロナウイルスを使ったBSL-3実験室での試験管での効ウイルス効果の検証結果が公表されました。

うがい

うがい

今回は、2020年8月4日の日本テレビ系列の「ミヤネ屋」でも大阪府の吉村洋文知事も紹介していました。まだ確定した情報でないので薬事法に抵触するため、「治る」という表現はできないけれど、明らかに「イソジン(ポビドンヨード)」のうがい薬でコロナの重症化を防ぐことが明かになったようです。

大阪では宿泊療養施設に入所の41名の方に協力いただき、「イソジン(ポビドンヨード)」のうがい薬で起床時、昼食時、夕食時、就寝前の4回うがいをしてもらい、ウィルスの数などを調べたそうです。

どうもコロナは口腔内での増殖が特徴的だということですが、このうがいによってウィルスの増殖を抑えられ、結果、重症化を防ぐことができたそうです。うがいを実行できるのは、人工呼吸器や酸素マスクを装着していない軽症者に限られますが。

この大阪の宿泊療養施設では病院の医師が責任者となって研究を行っているようです。また、大阪では、どのような薬が効果があるのかを臨床で研究しながら治療を同時に行っているということなので、吉村知事のやる気、本気度が伝わってきます。

この大阪の「イソジン(ポビドンヨード)」のうがい薬によるうがいが、感染予防だけでなく、重症化を防ぐ効果がある可能性があることを示唆する研究結果だと思います。

実際の新型コロナウイルスを用いた研究であるということに意義があり、信頼度がたかく他でも同じように実施していただきたいです。

身近なものが意外と非常に効果的なのかもしれません。実際の新型コロナウイルスで抗ウイルス効果を検証したところに意義があると思います。

飛沫感染へを防ぐ目的にもなるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください