腰痛や肩こり、ひざ関節などの関節痛や神経痛には「トンデケア」

国内の3000万人弱が腰痛持ち

非常に多くの日本人が悩んでいる肩こりや腰痛、ひざ関節の痛みといった関節痛や神経痛。男性が自覚する症状として第1位が腰痛。女性の場合は肩こり。さらに、ひざ関節など手足の関節痛を訴える人も計り知れないほど多数いらっしゃいます。これらの症状で、あなたも悩んでいませんか?

腰痛は、あれが効いた!これがいい!という情報が溢れています。日本人の3割の人が悩んでいる症状ですから情報もあやしい情報から正しい情報までたくさんあります。正しい情報の判断がつかぬままにふりまわされて逆に傷みが増強してしまうケースも後を絶ちません。

つらい関節痛の原因とは?

そもそも、なぜ関節痛、腰痛は起きるのでしょうか。痛みが起こる原因をみてみましょう。
骨と骨の間には、こすれ合う部分を保護し、クッションの役割を果たす『関節軟骨』があるのですが、これは、老化や摩耗などによってどんどんすり減っていってしまいます。
そして、骨の表面には痛みを感じる神経が通っているため、軟骨というクッション材がなくなってしまうと骨同士がこすれ合い、痛みが発生するのです。
すり減ってしまった関節軟骨は再生されず元には戻らないので、それ以上進行しないようにするのが大切です。
また、どうしても軟骨がすり減ってしまうと周囲の筋肉も落ち、かたくなります。こうなると痛みの改善は一長一短ではすまされません。筋肉をつけるように!と病院で言われても痛みで筋肉をつける運動を行うことができません。まずは、痛みを少しでも取り除いてから周囲の筋肉強化を行うのがセオリーです。痛みがツライと正常な判断でもできません。

多くの人が悩む腰痛。
腰痛の原因として考えられるものには、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)や椎間板ヘルニア、圧迫骨折などがあります。
痛みを我慢できずに手術を受ける人もいます。手術も無事、痛みから解放される人とそうでない人が多数いらっしゃいます。大変な手術を行っても痛みから解放されないのであれば最初からやらなければよかった…ということになります。医者は「やってみなければわからない」と言いますが。

腰痛のほとんどは原因が特定しきれないのが現状です。いろいろな画像検査をおこなってみても病態が特定されない腰痛の人が多く、日本では腰痛難民が増えているようです。

痛みの原因がわかっている人も、わかっていない人も、いずれにしても、どんな痛みでもそうですが、その人にしかわからない痛みというのはつらいものです。気が滅入り、生活の質も下がり、日常生活に影響が出てしまうこともあるでしょう。

そこで、そんなつらい痛みに、飲んで効くのが「トンデケア」です。とにかく、痛みをとりたいという人に試していただきたい医薬品です。

7つの有効成分が関節痛・筋肉痛・神経痛のつらい痛みに効く

  • フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
  • ニコチン酸アミド(ビタミンB3)
  • パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

が筋肉や神経組織に必要なエネルギーの産生を促します。

  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
  • シアノコバラミン(ビタミンB12)
  • ガンマーオリザノール

が自律神経や末端神経などの神経系を正常に働かせます。

  • ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

が血流を促進し、肩こり・腰痛・手足のしびれを緩和します。

成分(3錠中)

  • フルスルチアミン塩酸塩(109.16mg)
  • フルスルチアミン(100mg)
  • ピリドキシン塩酸塩(100mg)
  • シアノコバラミン (1500μg)
  • トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(103.58mg)
  • トコフェロールコハク酸エステル(100mg)
  • ニコチン酸アミド(60mg)
  • パントテン酸カルシウム(30mg)
  • ガンマ-オリザノール(10mg)

添加物

  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • マクロゴール
  • タルク
  • 炭酸カルシウム
  • 乳酸カルシウム
  • ケイ酸カルシウム
  • カルメロースカルシウム(CMC-Ca)
  • セルロース
  • ステアリン酸マグネシウム
  • ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)
  • アラビアゴム
  • 酸化チタン
  • 白糖
  • カルナウバロウ
  • リボフラビンリン酸エステルナトリウム

トンデケアの用法・用量

次の量を1日1回、食後すぐに水またはお湯で、かまずに服用します。
成人(15歳以上):2~3錠
15歳未満は、服用してはいけません。

効能、効果

次の諸症状の緩和:神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など),手足のしびれ、眼精疲労。
次の場合のビタミンB1B6B12の補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時
『トンデケア』は、効果が承認された医薬品。神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、眼精疲労の症状を緩和する効果が認められています。
詳しくはこちら↓
トンデケア
トンデケア

効能に関する注意

これらの症状※について,1ヵ月ほど使用しても改善が見られない場合は、医師又は薬剤師に相談してください。

製造販売元

米田薬品(株)

販売会社

ジェイフロンティア(株)

医薬品分類

一般用医薬品

6 thoughts on “腰痛や肩こり、ひざ関節などの関節痛や神経痛には「トンデケア」

  1. ピンバック: 関節の痛みの治療にヒアルロン酸 | 健康マニア

  2. ピンバック: 悪化する一方の関節の痛みにヒアルロン酸治療 | 覚書

  3. ピンバック: 関節の痛みをサプリで改善したい | 健康メモ

  4. ピンバック: 【本当】膝の痛みは治る | lie&true(本当、嘘)

  5. ピンバック: 悪化する一方の関節の痛みにヒアルロン酸治療 | mutter

  6. ピンバック: 悪化する壊死の一方の関節の痛みにヒアルロン酸治療 | mutter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください