投稿者「admin」のアーカイブ

ニキビ 原因 食べ物 はコレだった 大人ニキビ 防ぐ

ニキビ 原因 食べ物 はコレだった。 大人ニキビ 原因 となる食べ物について紹介します。ニキビといえば、青春のシンボルのように言われますが、大人にも多い肌トラブルのひとつです。ニキビができると肌が荒れているように見えるので、若さの象徴どころか、老けて見えるだけです。また、女性であればお化粧をするので、ニキビの炎症が長くなりがちです。

ニキビ 原因 食べ物

ニキビ 原因 食べ物

ニキビ 原因 食べ物

実は、若い人が思春期にできるニキビと大人ニキビでは、発生原因が異なります。若い人のニキビは、ホルモンバランスの乱れにより皮脂の分泌が盛んになることと、ビタミンA 不足によって毛穴に皮脂が詰まることで起きます。

ビタミンA が不足すると毛穴の角化異常が起き、皮脂の出口が狭くなるのです。ですから、さらに成長してホルモンバランスが安定すると、自然と治ってくることがほとんどです。では、大人ニキビの原因はなんでしょうか。

大人 ニキビ 原因

原因はいくつかありますが、最大の原因は、ズバリ、食生活の乱れです。そう言われて
みると、心当たりがある人がほとんどかもしれません。

食生活が乱れてビタミンA が不足すると、若い人と同じように毛穴の角化異常が起
きて、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビができます。

また、鉄不足も大人ニキビと関係していて、特に口のまわりにこキビができやすくなり
ます。

また、チョコレートやアイスクリーム、ケーキなどのスイーツを食べすぎると、糖
質を分解するのにビタミンB群を使うので、肌に使われるはずだったビタミンB 群が
不足してしまいます。

ビタミンB群が不足すると、皮脂の分解がスムーズにいかなく
なって、ニキビを誘発します。

そして、実は、肉を食べすぎることも、ニキビにつながります。
健康な肌を保つために欠かせない動物性たんばく質を補充するため、肉や魚を 1 日
の中で各々 50 〜 100 g 程度食べることをおすすめしましたが、たんばく質の分解に
はビタミンB6が、脂質の分解にはビタミンB2が使われるため、肉を食べすぎると、肌のために使われるはずだったビタミンB 群が不足しかねません。

ですから、健康で美しい肌のためには、肉はあくまでも適量食べることが大切です。ニキビの原因菌といわれるアクネ菌に効果があると宣伝されている化粧品を使ったり、抗生物質などの治療を行っても、それだけでは大人ニキビを根本的に解決することはできません。

それよりはビタミンB2が豊富な牛乳、納豆、卵、そしてビタミンB6が豊富なマグロ、サケ、イワシ、バナナ、サツマイモなどを食事に取り入れ、必要なビタミン類を補給し、カラダの中からニキビを予防することをおすすめします。

もちろん、食生活以外にも、便秘や睡眠不足、それにストレスなども大人ニキビの原因になります。早めに夕食をとって、十分な休息をとり、ストレスをためない生活が大人ニキビ予防になります。

大人ニキビを1日でも早く治したい方は 口内炎 にきび 外用薬 肌荒れやシミ 内服薬で対処するのがベスト

ビタミン関連ページ:普段の食事から積極的にビタミンB群の摂取を習慣化します。

糖質を摂り過ぎてしまったときには 糖質カット酵母 パクパクくん酵母 甘いものを摂り過ぎてしまった時、炭水化物を摂り過ぎたときに

「イソジン(ポビドンヨード)」のうがい薬でコロナの重症化を防ぐと大阪の吉村洋文知事

「イソジン(ポビドンヨード)」のうがい薬によるうがいは、風邪やインフルエンザ対策として昔から行われてきたことですが、実際の新型コロナウイルスを使ったBSL-3実験室での試験管での効ウイルス効果の検証結果が公表されました。

うがい

うがい

今回は、2020年8月4日の日本テレビ系列の「ミヤネ屋」でも大阪府の吉村洋文知事も紹介していました。まだ確定した情報でないので薬事法に抵触するため、「治る」という表現はできないけれど、明らかに「イソジン(ポビドンヨード)」のうがい薬でコロナの重症化を防ぐことが明かになったようです。

大阪では宿泊療養施設に入所の41名の方に協力いただき、「イソジン(ポビドンヨード)」のうがい薬で起床時、昼食時、夕食時、就寝前の4回うがいをしてもらい、ウィルスの数などを調べたそうです。

どうもコロナは口腔内での増殖が特徴的だということですが、このうがいによってウィルスの増殖を抑えられ、結果、重症化を防ぐことができたそうです。うがいを実行できるのは、人工呼吸器や酸素マスクを装着していない軽症者に限られますが。

この大阪の宿泊療養施設では病院の医師が責任者となって研究を行っているようです。また、大阪では、どのような薬が効果があるのかを臨床で研究しながら治療を同時に行っているということなので、吉村知事のやる気、本気度が伝わってきます。

この大阪の「イソジン(ポビドンヨード)」のうがい薬によるうがいが、感染予防だけでなく、重症化を防ぐ効果がある可能性があることを示唆する研究結果だと思います。

実際の新型コロナウイルスを用いた研究であるということに意義があり、信頼度がたかく他でも同じように実施していただきたいです。

身近なものが意外と非常に効果的なのかもしれません。実際の新型コロナウイルスで抗ウイルス効果を検証したところに意義があると思います。

飛沫感染へを防ぐ目的にもなるようです。

腰痛や肩こり、ひざ関節などの関節痛や神経痛には「トンデケア」

国内の3000万人弱が腰痛持ち

非常に多くの日本人が悩んでいる肩こりや腰痛、ひざ関節の痛みといった関節痛や神経痛。男性が自覚する症状として第1位が腰痛。女性の場合は肩こり。さらに、ひざ関節など手足の関節痛を訴える人も計り知れないほど多数いらっしゃいます。これらの症状で、あなたも悩んでいませんか?

腰痛は、あれが効いた!これがいい!という情報が溢れています。日本人の3割の人が悩んでいる症状ですから情報もあやしい情報から正しい情報までたくさんあります。正しい情報の判断がつかぬままにふりまわされて逆に傷みが増強してしまうケースも後を絶ちません。

つらい関節痛の原因とは?

そもそも、なぜ関節痛、腰痛は起きるのでしょうか。痛みが起こる原因をみてみましょう。
骨と骨の間には、こすれ合う部分を保護し、クッションの役割を果たす『関節軟骨』があるのですが、これは、老化や摩耗などによってどんどんすり減っていってしまいます。
そして、骨の表面には痛みを感じる神経が通っているため、軟骨というクッション材がなくなってしまうと骨同士がこすれ合い、痛みが発生するのです。
すり減ってしまった関節軟骨は再生されず元には戻らないので、それ以上進行しないようにするのが大切です。
また、どうしても軟骨がすり減ってしまうと周囲の筋肉も落ち、かたくなります。こうなると痛みの改善は一長一短ではすまされません。筋肉をつけるように!と病院で言われても痛みで筋肉をつける運動を行うことができません。まずは、痛みを少しでも取り除いてから周囲の筋肉強化を行うのがセオリーです。痛みがツライと正常な判断でもできません。

多くの人が悩む腰痛。
腰痛の原因として考えられるものには、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)や椎間板ヘルニア、圧迫骨折などがあります。
痛みを我慢できずに手術を受ける人もいます。手術も無事、痛みから解放される人とそうでない人が多数いらっしゃいます。大変な手術を行っても痛みから解放されないのであれば最初からやらなければよかった…ということになります。医者は「やってみなければわからない」と言いますが。

腰痛のほとんどは原因が特定しきれないのが現状です。いろいろな画像検査をおこなってみても病態が特定されない腰痛の人が多く、日本では腰痛難民が増えているようです。

痛みの原因がわかっている人も、わかっていない人も、いずれにしても、どんな痛みでもそうですが、その人にしかわからない痛みというのはつらいものです。気が滅入り、生活の質も下がり、日常生活に影響が出てしまうこともあるでしょう。

そこで、そんなつらい痛みに、飲んで効くのが「トンデケア」です。とにかく、痛みをとりたいという人に試していただきたい医薬品です。

7つの有効成分が関節痛・筋肉痛・神経痛のつらい痛みに効く

  • フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
  • ニコチン酸アミド(ビタミンB3)
  • パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

が筋肉や神経組織に必要なエネルギーの産生を促します。

  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
  • シアノコバラミン(ビタミンB12)
  • ガンマーオリザノール

が自律神経や末端神経などの神経系を正常に働かせます。

  • ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

が血流を促進し、肩こり・腰痛・手足のしびれを緩和します。

成分(3錠中)

  • フルスルチアミン塩酸塩(109.16mg)
  • フルスルチアミン(100mg)
  • ピリドキシン塩酸塩(100mg)
  • シアノコバラミン (1500μg)
  • トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(103.58mg)
  • トコフェロールコハク酸エステル(100mg)
  • ニコチン酸アミド(60mg)
  • パントテン酸カルシウム(30mg)
  • ガンマ-オリザノール(10mg)

添加物

  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • マクロゴール
  • タルク
  • 炭酸カルシウム
  • 乳酸カルシウム
  • ケイ酸カルシウム
  • カルメロースカルシウム(CMC-Ca)
  • セルロース
  • ステアリン酸マグネシウム
  • ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)
  • アラビアゴム
  • 酸化チタン
  • 白糖
  • カルナウバロウ
  • リボフラビンリン酸エステルナトリウム

トンデケアの用法・用量

次の量を1日1回、食後すぐに水またはお湯で、かまずに服用します。
成人(15歳以上):2~3錠
15歳未満は、服用してはいけません。

効能、効果

次の諸症状の緩和:神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など),手足のしびれ、眼精疲労。
次の場合のビタミンB1B6B12の補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時
『トンデケア』は、効果が承認された医薬品。神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、眼精疲労の症状を緩和する効果が認められています。
詳しくはこちら↓

効能に関する注意

これらの症状※について,1ヵ月ほど使用しても改善が見られない場合は、医師又は薬剤師に相談してください。

製造販売元

米田薬品(株)

販売会社

ジェイフロンティア(株)

医薬品分類

一般用医薬品

楽天でみる