強いかゆみにはステロイド、乾燥なら保湿剤を使うかゆみ止め薬

イライラするストレス負荷の高い「かゆみ」

湿疹、かぶれ、虫さされなどに使うかゆみ止め薬は、ステロイド剤を主成分とする薬と、抗ヒスタミン薬を中心にした薬のふたつに大別される。
ステロイド剤はアトピー性皮膚炎などの治療でも用いられる抗炎症作用に優れた成分。かゆみを素早く止めるので、湿疹や虫さされなどをかきこわしにくく、きれいに治せる。また、ひどく掻き壊してしまい、なかなか治らない、患部が硬くなってしまったなどの場合は、皮膚科の受診を。
ステロイド剤は、長期間にわたって大量に使い続けると副作用が問題になることもあるが、短期間使うだけなら、その心配は無用。とはいえ、よく効く成分なので、適度な量を使うのがコツ。顔の皮膚はとても薄いので、なるべく使わないほうがよい。一方、抗ヒスタミン薬はかゆみを引き起こすヒスタミンの働きを抑える成分。副作用の心配がほとんどないので、患部が広いときも安心して使える。

ただ、肌に合わないかゆみ止め薬は、さらなるかぶれを引き起こすことがある。外陰部が下着でむれてかゆくなったり、ナプキンにかぶれたりしたときに使うデリケートゾーン専用の外用薬も、かぶれがひどくなつたり、かゆみが強くなったらすぐに中止したほうがいい。

冬のドライスキンによるかゆみには保湿剤を

冬場に急増する肌の乾燥によるかゆみの予防と治療には保湿剤がおすすめ。傷痕を目立たなくする成分としても使われるヘパリン類似物質は、保湿効果が高いうえに低刺激なので誰でも使いやすい。乾燥でカチカチになったかかとやひじには、角化した皮膚をやわらかくする尿素を配合したクリームも効果がある。

かゆみに効く成分の特徴

抗炎症薬

プレドニゾロンやヒドロコルチゾンなどのステロイド剤など。抗炎症作用に優れ、かゆみを止める効果が高いので、かきこわしを防止できる。ただし、細菌やカビに対する患部の免疫力を低下させることがあるので、化膿した傷やカンジグ、水虫などの患部には厳禁。

抗ヒスタミン薬

かゆみを引き起こすヒスタミンの働きを抑える成分。ジフェンヒドラミン塩酸塩が代表。効き目が穏やかで副作用がほとんどないので、広い患部にも安心して使える。こすらずやさしく塗るのが。

局所麻酔

皮膚の知覚神経をまひさせて、かゆみを感じにくくする。リドカイン塩酸塩が代表的な成分。抗ヒスタミン薬の補助剤として配合されることが多い。時にかぶれを引き起こすことがある。

保湿効果

保湿効果とともに抗炎症作用、血行促進作用など幅広い効果をもつヘパリン類似物質は、低刺激なので敏感肌の人も使える。

角化した皮膚をやわらかくする尿素は、厚くなったかかとやひじの保湿に最適。白色ワセリンやグリセリンには保湿効果がある。いずれも刺激を感じたらすぐに中止する。

かゆみ止め一覧

痒み、虫さされ

ステロイド配合

  • ムヒホワイティ
  • かゆみ止め成分「ジフェンヒドラミン塩酸塩」、腫れや赤みを抑えるヒドロコルチゾン、皮膚を修復するアラントインを配合。メラニン生成を抑制し、黒っぼい虫さされ痕を残さないようにする。

  • マキロンバッチエース
  • かゆみや炎症を抑えるデキサメタゾン酢酸エステルを配合した、水に強いパッチタイプのかゆみ止め。抗ヒスタミン成分のジフェンヒドラミンや殺菌成分、血行促進成分なども配合。

ステロイドなし

  • オイラックスソフト
  • 虫さされなどのかゆみを抑えるクロタミトンとジフェンヒドラミン塩酸塩、炎症を績めるクリチルレチン酸、ほかに皮オ組織を修復する成分、殺菌成分を配合。かゆみ、かぶれ、じんましんなどに。

  • ブチウナコーワ
  • ヒスタミンの働きを抑えるジフェンヒドラミン塩酸塩、居所麻酔成分のリドカインは清涼感を与える成分で、かゆみを抑える。かゆみ、虫さされに効果がある。携帯に便利な小さいサイズの容器入り。

デリケートゾーンのかゆみ

ステロイド配合

  • フェミニーナミスト
  • 局所麻酔成分のジブカイン塩酸塩、抗ヒスタミン成分のジフェンヒドラミン塩酸塩、さらに殺菌成分を配合したスプレータイプのかゆみ止め。月経時やおりものによるかゆみ、下着によるかぶれにも。

ステロイドなし

  • デリケアa
  • かゆみの元になるヒスタミンを抑えるジフェンヒドラミン、殺菌成分イソプロピルメチルフェノール、炎症を績めるクリチルレチン酸を配合。かゆみを止め、スレ・ムレによる赤み、かぶれにも。

乾燥によるかゆみに

ステロイド配合

  • ラナケインクリーム
  • かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン塩酸塩とリドカイン、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノール、皮膚 の代謝を促すトコフェロール酢酸エステルを配合。乾燥した肌のかゆみやかぶれ、湿疹に。

  • フェルゼアDX20クリーム
  • 皮膚の乾燥を防ぐ尿素を20%配合した乳液2種類のかゆみ止め成分ジフェンヒドラミン塩酸塩とリドカインが、かゆみを抑える。かゆみを伴う皮膚の乾燥に効果がある

ステロイドなし

  • デリトリーナ
  • 抗ヒスタミン成分ジフェンヒドラミン塩酸塩と局所麻酔成分のリドカインのほか、血行を促進するビタミンE 、抗炎症成分、殺菌成分などを配合。かゆみ、かぶれ、湿疹、ただれなどに効く。

    症状が軽症でスキンケアで対処したい場合はこちら
    美肌精油ジェルとはボディーソープ、整皮ジェル、保湿クリームの3点セットを使ったアトピー肌用のスキンケア商品です。脂漏性皮膚炎などにも同様の効果があります。

    アトピーの患者さんは、皮脂の分泌カが低下し、皮脂膜がとても薄くなっています。皮脂膜が薄い肌は、城壁のないお城のようなもの。

    外部からダニや細菌が簡単に侵入できるようになり、肌は感染を起こしやすくなります。バリアがないと皮膚内の水分が蒸発しやすくなり、皮膚の細胞間にすきまができます。これらすべてを総称して、「皮膚のバリア機能の崩壊」と呼びます。皮膚のバリア機能が弱まると肌は刺激を受けやすくなり激しいかゆみや炎症を引き起こすのです。

強いかゆみにはステロイド、乾燥なら保湿剤を使うかゆみ止め薬」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: どうしても眠れないときの睡眠改善薬(睡眠鎮静薬) | 通販、薬局、ドラッグストアーで購入できる薬

  2. ピンバック: 冬にひどくなる老人性皮膚掻痒症は、夏もケアを間違えると痒い | 体にいいという噂

  3. ピンバック: 皮膚病薬 | 薬の選び方

  4. ピンバック: 小児ストロフルス(虫さされ) | Condition

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください