水虫」タグアーカイブ

かさかさタイプとじゅくじゅくタイプで使い分ける水虫の薬

水虫

水虫

かさかさタイプには液剤または、クリーム、じゅくじゅくタイプには軟膏

日本人の5人に1人、約2000万人が水虫患者数だといわれるほど多くの人が水虫に悩まされています。
水虫に効くOTCは、医療用医薬品からスイッチされた1日1回の使用で済む外用薬が中心だ。正しく使えば、処方薬と同等の効果が期待できる。
主成分は水虫の原因である自癖菌という真菌(カピ)を殺菌する抗真菌薬だ。テルビナフィン塩酸塩、プテナフィン塩酸塩、ラノコナゾールなど種類は多いが、効き目はどれもほぼ同じ。
軟膏、クリーム、液剤など様々な剤形があるので、症状に適したものを選ぶ。

敏感な患部には低刺激の軟膏加やクリームを使う

刺激の少ない軟膏やクリームは基本的にどこにでも使える。特にかゆい水虫が破れて患部がじゅくじゆくしているときは、液剤を使うとしみて痛むことがあるので、軟膏やクリームのほうが適していほかに狭い部位にも塗布しやすいスプレータイプがあり、足の指間や、足の裏などに手を触れずに塗ることができる。
かかとの水虫には、硬くなつた角質を軟化させる作用をもつ尿素を配合した水虫薬も効果的。
いずれも毎日欠かさず使い、かゆみなどが消えたあとも1ヶ月程度、継続して使用するのがしっかり治すためのポイント。
薬をある程度の期間使っても改善しなかったり、悪化したりした場合は皮膚科を受診したほうがいい。
かゆみ、水痘、皮むけなど水虫そっくりの症状が出る病気として、湿疹やかぶれ、汗癌などがある。これは水虫薬では治せない。漫然と薬を使い続けるとかぶれて肌トラブルを起こすこともある。異常を感じたら早めに医療機関を受診しょう。

水虫薬の成分

抗真菌薬

水虫薬の主成分。原因菌である白癬菌が細胞膜を形成する過程をブロック。増殖を抑えて殺菌効果を発揮する。
医療用医薬品からスイッチされた成分が多数ある。1日1回の使用でいいものが多い。

かゆみ止め成分

虫さされなどにも用いられるクロタミトンや、かゆみのもとになるヒスタミンの働きを抑える抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンマレイン酸塩のほか、知覚神経をまひさせることによって、かゆみを感じにくくするリドカインやジブカインなどの局所麻酔薬などを配合した薬が多い。

抗炎症薬

かゆみや赤みを抑えたり、かぶれ防止作用を期待して、生薬のカンゾウ由来の抗炎症成分、グリチルリチン酸ニカリウムなどを補助的に配合した薬が多い。

水虫の薬

テルビナフィン

抗真菌成分のテルビナフィン塩酸塩、患部のかゆみを毒真めるクロタミトン、炎症を抑えるグリチルレチン酸、角質を軟らかくする尿素を配合。べとつかない、さらっとした使い心地。

白痴菌を殺菌するテルビナフィン塩酸塩、かゆみや痛みを績めるリドカイン、炎症を抑えるグリチルリチン酸ニカリウムなどを配合。かさかさした患部に浸透しやすい液剤タイプ。

角質層に24時間留まって効果を持続する抗真菌成分のテルビナフィン塩酸塩、かゆみを抑えるクロタミトン、抗炎症作用のグリチルレチン酸などを配合。同じ成分配合の液体タイプもある。

抗菌菌成分のテルビナフィン塩酸塩、かゆみ止め成分のジフェンヒドラミンとリドカインなどを配合。スプレータイプでべたつかず、サラサラした使用感。同じ成分配合のグノームタイプもある。

プテナフィン

抗菌菌成分の塩酸ブテナフィンのほか、居所麻酔成分の塩酸リドカインと鎮痒成分のdlカンフルを配合。基割に微粒子パウダーを配合した清涼感のあるゲルタイプで、べたつかず乾きも速い。

ラノコナゾール

抗菌成分として浸透力の高いラノコナゾール配合。患部によく浸透し、角質が厚くなった水虫にも効果がある。表面がカサカサした乾燥タイプの水虫に適する液剤タイプ。

抗菌菌成分のアモロルフィン塩酸塩を配合。白痴菌の細胞膜が合成される経路を2つのステップでブロックして、白痴菌を殺菌する。じくじくと湿った患部に適したクリームタイプ。
女性用

漢方薬で治したい!

こちらです