感冒薬」タグアーカイブ

風邪薬は症状に応じて選ぶ。総合感冒薬、鎮咳去痰薬、漢方薬

風邪のタイプをしっかり把握する

風邪薬は、現在出ているつらい症状に合わせて使い分けるのがポイントになる。まず注意したいのは熱があるかどうか。熱があり、のどの痛みやせき、鼻水などいくつも症状があるなら総合感冒薬が最適。イブプロフェンやアセトアミノフエンなどの解熱鎮痛成分を中心に、鼻水や鼻づまりを抑える抗ヒスタミン成分や、せきを鎮めるコデインリン酸塩、たんを出しやすくするアンプロキソール塩酸塩など、カゼの諸症状を棍和する成分がバランスよく配合されている。
熱が出ていない風邪には、総合感冒薬以外の選択肢もある。せきがつらい場合は、気管支拡張成分のテオフィリンや舶メチルエフェドリン塩酸塩、たんを出しやすくするプロムヘキシン塩酸塩などちんがいきょたんを主成分にした鋲咳去痍薬を。鼻水や鼻づまりだけがつらいときは、鼻炎でも使う鼻炎用内服薬でケアする。

漢方の場合は

副作用が少ない漢方薬も症状に合わせて選べば、意外と早く体が楽になる。風邪のひき始めに、うなじや背中に寒気がしたときは葛根湯を。体を温め発汗を促して、症状を鎮めてくれる。熱が出て、のどの腫れやせき、頭痛などの炎症症状が強い風邪には銀勉散だ。風邪による「熱毒」を取り除いてくれる。
たんが切れずむせるようなら麦門冬湯。
風邪が長引いて微熱や寒気、頭痛、胃腸の不調などが出てきた場合は柴胡桂枝湯。胸苦しさや口の苦みが出てきたときには小柴胡湯。風邪で体が衰弱し、手足がだるく食欲がない人には、補中益気湯が最適。
漢方については、こちらの風邪症状対策が参考になります。

風邪に効果のある成分

総合感冒薬

解熱鎮痛成分が配合されているので、熟やのどの痛みのある風邪の症状に使う。くしゃみや鼻水を抑える抗ヒスタミン成分や、せきを鎮める鎮咳薬、たんを切りやすくする去疲薬などが配合され、風邪症状全体をカバーできる。複数ある症状の中でも、特に「痛み」「鼻水」というように最もつらい症状に合わせて選べるよう配合を工夫した薬もある

鎮咳去痰薬

粘りけのあるたんは、せきを引き起こすもとになるので、せき止め薬にはたんを切りやすくする去痰剤もほぼ必ず配合されている。コデインリン酸塩などの中枢性鎮咳剤は便秘を引き起こすことがある。せきがなかなか治まらない場合は鎮咳剤を浬然と使わずに医師や薬剤師に相談する。

漢方薬

風邪のひき始めから、なかなか症状がとれず長引いたときまで、カゼのタイプや進み具合に合わせて選べる薬が多数ある。西洋医学の風邪薬は今ある症状を抑えるだけなのに対し、漢方薬は自然治癒力を高める。低下した体力を補ってカゼの諸症状を和らげる。そのため疲れるとすぐに風邪をひく虚弱な人などは特に使うメリットが大きい。

風邪薬

  • パブロンエースAX 微粒
  • 痰の排出を促すアンブロキソール塩酸塩を中心にせきを鎮めるジヒドロコデインリン酸塩、呼吸に楽にするdlメチルエフェドリン塩酸塩などの有効成分を配合。

  • バファリンかぜEX錠
  • イブプロフェンに加え、鼻水・鼻づまりに効くクレマステンフマル酸塩、たん排出を促すプロムヘキシン塩酸塩など7種の有効成分を配合。イブプロフェンを溶けやすくするクイックメルト製法。

  • ルルアタックEX 顆粒
  • 炎症を鎮めるトラネキサム酸とイブプロフェンに加え、たんを出やすくするプロムヘキシン塩酸塩、鼻水・鼻づまりなどカゼのアレルギー症状に効くクレマステンフマル酸塩を配合。

  • トキワ南天喉飴
  • 南天実乾燥エキスを有効成分として配合した医薬品のど飴。古くからせき止めに利用されてきた生薬の成分「南天実」は、のどの気管を広げ、脳のせき中枢に作用してせきを鎮める。

  • パブロンSゴールド微粒
  • のどの痛みや発熱に効くアセトアミノフェンのほか、たんの排出を促す成分プロムヘキシン塩酸塩、鼻の炎症を績めたんを出やすくするリゾチーム塩酸塩などを配合。微粒タイプなので溶けやすい。

  • 新エスタック顆粒
  • 風邪に有効な漢方薬の葛根湯(かっこんとう)に、せきを鎮める桔梗(キキョウ)を加えた「葛根湯加桔梗」エキスを配合。解熱鎮痛成分アセトアミノフ工ンなども含有。溶けやすい果頁粒タイプ。

  • ベンザブロックS
  • 鼻水・くしゃみを抑える抗ヒスタミン成分のdクロルフェニラミンマレイン酸塩、鼻水の分泌を抑えるヨウ化イソプロパミドを配合。のみやすい小型のカブレットタイプの錠剤。

  • 新ブロンン液エース
  • せき中枢に作用し、せきを鎮めるジヒドロコデインリン酸塩、気管支の緊張を和らげ呼吸をラクにするとともにたんの排出を促すグアイフェネシンを配合。メントール風味のシロップ。

  • クラシエ柴胡桂枝湯エキス顆粒A
  • サイコ、ハンゲ、ケイヒ、シヤクヤク、ニンジンなど9 種の生薬を配合。微熱と寒気を感じ、頭痛がするカゼに、また長引いたカゼの関節の痛み、吐き気などの症状に効果がある。

  • 補中益気湯エキス錠N「コタロー」
  • 滋養強壮作用のあるニンジン、ビャクジュツ、オウギのはか、胃腸の働きをよくするチンピやショウキョウなど10種の生薬を配合。胃腸の働きをよくし、カゼで弱った体力を回復。

  • 新コルゲンコーワ 咳止め透明カプセル
  • せき中枢に作用するジヒドロコデインリン酸塩、気管支を拡張してせきを鎮めるdlメチルエフェドリン塩酸塩、たんの排出を促すグアイフェネシンなどを配合。成分が液状のため速く溶ける。

  • セキセチン咳止め
  • ニンジン流エキス、ゴミシ流エキス、バクモンドウ流エキスを配合。グリセリンモノグアヤコールエーテルがたんをうすめて排出を促す。甘みのあるシロップ剤。適用年齢3ヶ月以上。

  • 大鵬 かぜ内服液〈ふうかん〉
  • カコナール2
  • 葛根湯(かっこんとう〉を構成するカツコン、マオウ、タイソウなど7 種の生薬を、「l煎じ薬」の製法で抽出した液体カゼ葵。ひき始めのカゼ、鼻カゼに効果を発揮する。

  • 小青竜湯エキス顆粒A クラシエ
  • 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)はハンゲ、カンゾウ、マオウ、ゴミシなど8種の生薬の配合。鼻水・うすいたんを伴うせきのカゼに効く。またアレルギー性鼻炎、花粉症などにも効果あり。