胃薬」カテゴリーアーカイブ

胃薬を症状のタイプに分けて原因を特定してから薬を選ぶ

胃痛、胸やけ、胃もたれ、むかつきといった胃の様々な不調を改善する胃腸薬。その多くは、複数の症状に効くようにつくられていますが、薬を選ぷ際は、最も気になる症状と、その原因を考慮することがポイントです。
例えば胃痛が起床時や昼食前など空腹時にあるなら、胃酸の出すぎを抑えるファモチジンやラニチジンなどのH 2ブロッカーや、胃酸を中和する制酸薬が主成分の製品を選ぶ。
制酸薬は胃もたれやげっぷ、胸やけにも効果がある。食べすぎや飲みすぎで胃がもたれるのなら、消化酵素を配合した胃腸薬がおすすめ。
体質的に胃腸が弱く、お腹が冷えやすい人の胃もたれやゲップ、食欲不振には安中散という漢方薬が最適。漢方薬はストレスによる胃の不調にも効果的なものが多い。みぞおちのつかえ感や吐き気、嘔吐、お腹がゴロゴロ
する、軟便などがある人は半半夏瀉心湯を試してみるといい。

消化不良には整腸薬を腹痛には、鎮痛鎮痙薬

消化不良で下痢ぎみの人には、腸内環境を整える乳酸菌製剤や宮入菌製剤も効果的。これらは腸内環境の悪化による軽い便秘にも効果を発揮する。外出先などですぐに下痢をくい止めたいときには木クレオソートや、副交感神経の働きをブロックして腸の過剰な運動を和らげるロートエキスやロベラミド配合薬が役に立つ。
急なお腹のさしこみ痛やキリキリする胃痛など胃腸の過剰な緊張によるけいれん性の痛みには、プチルスコポラミン臭化物を配合した鎮痛鎮痙薬がよく効く。腹痛を起こしやすい人は外出時に携帯すると安心精神的にもかなり安心感が得られる。

胃腸に効果のある成分

胃酸分泌抑制

H2ブロッカーのファモチジン、ラニチジン、M1ブロッカーのビレンゼピンがもつ作用。胃酸の出すぎを抑えて、早朝や夜間の空腹時の胃痛、胸やけ、胃もたれ、むかつきなどを改善する。

胃酸の中和

水酸化マグネシウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)など制酸剤と呼ばれる成分の作用。胃酸過多による胸やけやむかつきなどをスッキリさせる。

胃粘膜保護

MMSC(メチルメチオニンスルホニウムクロライド)やテプレノン、スクラルフアートソファルコンなどの作用。胃粘膜を覆う粘さ夜の分解を抑えたり胃粘膜の血流を増やす、あるいは弱った胃粘膜に保護層をつくるといわれている。

消化促進・健胃

消化促進はリパーゼやジアスターゼなどの消化酵素による働き。ケイヒ、ウイキョウ、ソウジュツなどの生薬は弱った胃の働きを高める健胃作用をもつ。

鎮痛鎮痙薬

胃腸に分布する副交感神経のアセチルコリン受容体をブロックする作用。これにより胃腸の過剰な緊張が和らぎ痛みが治まる。ロートエキスやプチルスコポラミン臭化物などがもつ作用。

  • ガスター10
  • H2ブロッカー成分であるファモチジンを配合。胃酸の出すぎをコントロールすることにより、胃の痛み、胸やけ、むかつき、胃もたれなどの症状に効果を発揮。小粒でのみやすい

  • 新キャベジンコーワS
  • 荒れた胃の粘膜を修復するメチルメチオニンスルホニウムクロライド、胃の運動を促進するソウジュツ乾燥エキスを配合。水酸化マグネシウムなど4種の制酸成分も含有。弱ってきた胃に作用する。

  • 太田胃酸
  • ケイヒ、ウイキョウをはじめとする7種の生薬成分を配合。胃のもたれ、二日酔いのむかつきなどに効果がある。また、4種の制酸成分の組み合わせで、生薬や消化酵素の効果を引き出す。

  • 大正漢方胃腸薬
  • 胃腸にたまった水やアルコールの排せつを促す五苓散(ごれいさん)と、荒れた胃粘膜を修復する黄連解毒湯(おうれんげどくとう)の2種の漢方成分を配合。飲みすぎ、二日酔いのむかつきに効果。

  • ガストール細粒
  • 過剰な胃酸分泌を抑制するピレンゼピン塩酸塩水和物、出すぎた胃酸を中和するメタケイ醸アルミン酸マグネシウムと炭酸水素ナトリウムを配合。胃痛、胸やけ、胃もたれ・むかつきなどに効く。

  • 新セルベール整胃
  • 胃粘液を増やして、胃酸などの刺激から胃を守るテプレノンに加え、胃の運動機能を高めるソウジュツとコウボクの2種の生薬、脂肪の分解・消化を助けるリパーゼAP6を配合。胃もたれや胸やけなどに。

  • ビオフェルミン健胃消化薬
  • リパーゼAP6など3種の消化酵素が消化を促進し、胆汁の分泌を促すガジュツエキスが脂肪の消化力を高める。腸内細菌のバランスを整えるラクトミン(乳酸菌)も配合。

  • ブスコパンA 錠
  • 有効成分としてプチルスコポラミン臭化物を配合。胃腸の緊張やけいれんを和らげることにより、胃痛や腹痛、さしこみなどの強い痛みを績める。胃酸過多や胸やけにも効果がある。

  • ソルマックプラス
  • ソウジュツ、ウコン、カンゾウなど8種の生薬成分を配合。二日酔いや飲み過ぎ・食べ過ぎの胃の不快な症状に効果を発揮する。また、胃の運動を促すカルニチン塩化物も配合する。
    胃の調子を整える(漢方)

  • 太田漢方胃腸薬Ⅱ
  • 胃の痛みやもたれ、胸やけなどに効果がある安中散(あんちゅうさん)に、精神安定作用のある茯苓(ぶくりょう) を加えて、ストレスからくる神経性胃炎や慢性胃炎への効果を強化。

  • 大正漢方胃腸薬
  • 衰えた胃の働きを活発にする安中散(あんちゆうさん)、胃腸の筋肉の緊張を和らげ胃痛や腹痛を績める芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)を配合。細粒タイプ。胃のもたれ、胃炎などに効果がある。
    食欲がわかない

  • ストレージタイプG
  • 7種の健胃消化作用のある生薬で構成される半夏瀉心湯( はんげしゃしんとう)を配合。ストレスによる胃腸の運動の異常を改善し、みぞおちのつかえ感、下痢や軟便などの症状に効く。
    新キャベ2コーワ

    胃酸の出すぎを抑える水酸化マグネシウムなど3種の制酸成分、カンゾウなどの胃粘膜修復成分、さらにウコンなどの健胃成分などを配合。食前の服用で、むかつきや胃のもたれを抑える。
    整腸作用

  • ザ・ガードコーワ整腸錠PC
  • 2種の生菌(納豆菌、乳酸菌)と新たに配合したパントテン酸カルシウムが腸内の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌の増殖を抑える。炭酸マグネシウムなどの制酸薬や3種の健胃生薬も含む。

  • 第一三共胃腸薬プラス細粒
  • 脂肪を分解するリパーゼAP12、糖質・タンパク質を分解するタカヂアスターゼN1を配合。ケイヒ、オウバクなど6 種の生薬が胃の働きを、乳酸菌ラクボンが腸の働きを整える。

    下痢止め

  • 新ビオフェルミンS錠
  • 胃酸に強く、生きたまま腸まで届く3種の乳酸菌(ビフィズス菌、フエーカリス菌、アシドフィルス菌)を配合。悪玉菌の増殖を抑え、軟便や便秘、腹部の膨満感に効果がある。

  • ミヤリッチ
  • 腸内でビフィズス菌などの発育を助ける宮入菌(みやいりきん)、下痢に効果がある次没食子酸ビスマス、腸の緊張を繹和するロートエキスを配合。下痢や食あたり、軟便などに効く。

  • ストッパ下痢止めA
  • 腸の異常な収縮を和らげるロートエキス、腸の粘膜の炎症を抑え、細菌の増殖を防ぐタンニン酸ベルベリンを配合。突然の下痢、痛みを伴う下痢に効く。口中の唾液で溶けるので、水なしでのめる。