睡眠薬」カテゴリーアーカイブ

どうしても眠れないときの睡眠改善薬(睡眠鎮静薬)

旅先で興奮してしない眠れなくなってしまったり出張先のビジネスホテルで目が冴えてしまう、ストレスでイライラして眠れない、やっと眠ったかと思うとすぐに日が覚めてしまう… 。
こんなときは、睡眠を安定させる催眠鎮静成分が頼りになる。環境の変化などによる一時的な不眠なら、まず試してみたいのは睡眠改善薬。主成分は、かゆみ止めなどにも配合されている抗ヒスタミン薬のジフェンヒドラミン塩酸塩。脳のヒスタミン受容体をブロックし、中枢神経の働きを抑制して寝付きの悪さを即効で改善する。

不安や緊張感には、漢方やハーブなども

心身のストレス過多が続いて不安や緊張感が強いときには、ハープや漢方薬がおすすめ。リラックス作用をもつトケイソウやカノコソウ、ホップなどを配合した薬は、人によっては、効果が異なる
漠方薬も今の状態に合ったものを選べばよく効く。即効でよく眠れるようになる薬と、継続することでじわじわと効果を発揮する薬とがあるが、日中のイライラや緊張感、不安感なども緩和するメリットがある。
心が高ぶりイライラして怒りっぼくなつている人は抑肝散を試してみよう。子供のかんの虫にもよく使われる薬で、気分を落ち着かせて眠りやすくする。疲れ切っているのに目が冴えて眠れない、気力が低下して眠さんそうにんとうれないという場合には、酸棗仁湯(さんそうにんとう)がいい。加齢によるスタミナ不足で寝付きが悪くなつてきた人などには即効で効くこともある。
くよくよ考えすぎて心が疲れ、夜中に日が覚めやすい人はかみきひとう加味帰脾湯(かみきひとう)を試してみよう。いずれも、多くとるほど効くわけではないので用量を守った上で服用したい。

催眠領静成分には化学的な成分のほか、神経の高ぶりや不安感の漢和などにも使えるハーブや漢方薬がある。睡眠改善薬は抗ヒスタミン薬が主成分。即効性を感じられる場合が多いが、処方薬の睡眠導入薬とは成分が異なる。体調不良も伴う場合は漢方薬がおすすめ。

不眠、鎮静に効果の成分

抗ヒスタミン薬

炎薬やかゆみ止めとしてもよく用いられる成分。中枢神経抑制作用が特に強いジフェンヒドラミン塩酸塩が、一時的に寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなったりしたときの不眠改善薬として用いられている。既に慢性的になってしまっている不眠には適さない。副作用として口の渇きや下痢が起こることがある。風邪薬鼻炎薬乗り物酔いの薬などにも抗ヒスタミン薬は配合されているので、併用しないように注意したい。併用してしまうと、一時的に血中濃度が上昇し、副作用がでてしまう。

ハーブ

領静作用をもつトケイソウやカノコソウ、ホップなどのエキスを組み合わせて配合した薬が多い。心身をリラックスさせて眠りに導く。不安や緊張が強い人によく効く。就寝の30~60分前に服用すると効果的。
日中とった場合はリラックス効果のみで、眠くなることは少ない。

漢方薬

ストレスや栄養の偏り、加齢などの影響でアンバランスになった心身を整え、落ち着かせて眠りやすくする薬がある。現状に合ったものを選ぶと即、効果がでて眠りが改善されるケースも多い。
日中のストレス対策にも有効で体調全般を整えるメリットがある。体質に合った薬の場合、およそ2週間程度で効果が実感できる。

睡眠鎮静薬一覧

ジフェンヒドラミン塩酸塩配合

  • ドリエルEX
  • 眠気をもよおす効果のある抗ヒスタミン成分のジフェヒドラミン塩酸塩を水溶液のままソフトカプセルに封入。服用後すみやかに有効成分が放出される。一時的な不眠に効く。

  • ネオデイ
  • 抗ヒスタミン成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩を配合。脳内のヒスタミンの作用を抑え、眠気をもよおす効果がある。寝付きが悪いときや眠りが浅いなど、一時的な不眠症状の緩和に。

  • グ・スリーP
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩が、覚醒作用のあるヒスタミンの働きを抑制して、眠気をもよおす効果がある。寝付きが悪い、眠りが浅いといった一時的不眠の症状に効く。

漢方・ハーブ

  • 漢方ナイトミン
  • サンソウニンなど5 種の生薬成分からなる漢方処方「酸棗仁(さんそうにん)湯」による製剤。心身のバランスを整え、不眠を改善する。ストレスなどによる精神不安、不眠などの症状に効く。

  • アロパノール
  • チョウトウコウ、サイコ、カンゾウなど7種の生薬を配合。神経の高ぶりを績め、不安や緊張、不眠、頭重といった神経症、不眠症の症状を改善。更年期障害、神経過敏などにも。

  • ホスロールS
  • サンソウニン、ブクリュウ、チモなど5種の生薬を配合。睡眠のリズムを整えて自然な眠りに近づけるとともに、ストレスなどによる不安や緊張を和らげる。服用しやすく、携帯にも便利な顆粒タイプ。

  • パンセダン
  • 鎮静作用をもつパッシフローラ、セイヨウヤドリギ、カギカズラ、ホップの4種の植物性エキスを配合。ストレスなどによるイライラ感、会議などの緊張感、それらに伴う頭重、疲労倦怠感の緩和に。