処方箋不要で購入できる薬のメリットと3つの分類

忙しい日々を過ごす現代人の生活の影響で体調を崩した時に医療機関を受診する時間がないケースが日々増えています。女性の場合は、特に仕事、家庭、子育てと忙しい日々が当たり前になっています。
男性でも同じように医療機関を受診する時間をつくれない人もたくさんいます。

最近では、医療用医薬品(処方薬)として医師の処方箋により購入できる薬が最近では次々と市販薬に転用されている「スイッチOTC」と呼ばれるこれらの市販薬を近所の薬屋、またはドラッグストアーなどでも購入することができ、また医療機関を受診する時間を節約することができます。
現在は、医療機関も待ち時間2~3時間で診療時間2~3分ということも少なくありません。そんな中、こうした処方箋不要で購入できる医薬品は、忙しい現代人にとってとても便利なものになりました。

市販薬は、現在リスクに応じて3つに分類されています。
まず、薬剤師の説明なしでは購入できない「第1類医薬品」いわゆる、病院で出してもらった処方箋で購入する医薬品です。次に薬剤師か朗録販売業者がいれば購入できる「第2類医薬品」、次にネットや通販で購入できる「第3類医薬品」です。

最近は、漢方薬に使われる生薬を配合した薬も人気があり、注目を集めています。
漢方薬は、自分の体質、症状に合わせて飲むのがポイントとなります。症状別に漢方薬の使用方法が詳しく解説している「完全ガイド – 漢方薬」も合わせてご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください