肩こり」タグアーカイブ

肩こりや関節痛などは内服と外用の2種類を使い分ける(鎮痛消炎薬)

肩こりや関節の痛みをケアするOTCには、貼り薬(外用薬)と内服薬の2種類がある。外用薬は凝りや痛みのある患部を直接、ケアする薬。冷感タイプと温感タイプがあり、好みの使用感で選べる。
軽い凝りや痛みには、穏やかな鎮痛消炎作用をもつサリチル酸メチルなどを主成分にした湿布剤でも十分ケアできる。我慢できないつらい痛みには、医療用医薬品から転用(スイッチ)されたジクロフェナクナトリウム、フェルビナクなどの非ステロイド性鎮痛消炎薬を主成分にした外用薬がおすすめ。
痛みを引き起こすプロスタグランジンを合成する酵素の働きをブロックし、痛みを素早く鎮めてくれる。特にジクロフェナクナトリウムの貼り薬は1日1回の使用で効果を維持できる点が魅力。

眼精疲労からくる肩こり、関節痛などには内服薬を

内服薬は凝りや痛みの原因に内側から対処する薬。現代人には欠かせなくなったパソコンの長時間使用による疲れ目に伴う肩こりや腰のだるさには、血行を良くするビタミンEや末梢神経の傷を修復するメコバラミンを配合した薬がおすすめ。

痛みが強い場合は、イブプロフェンやアセチルサリチル酸など内服の解熱鎮痛薬も効果がある。
慢性的な肩こりに悩む人には、血流を改善するジオウ、鎮痛・消炎作用のあるドッカツなどからなる独活葛根湯という漢方薬も効果的。激しいスポーツや加齢、体重増加などの影響で、ひざの関節が痛むようになった人には、関節軟骨の成分を補うコンドロイチン硫酸ナトリウム配合薬を使用する。
特に肩こりなどは、ゆったり入浴する、音楽などを聴きながらリラックスするなども効果的なのであわせて行うとさらに効果的。

肩こりや関節痛に効く薬は、運動後の筋肉痛や、いわゆる五十肩の痛みなどにも効く。肌がかぶれやすい人には内服薬も選択肢だが、胃腸の弱い人、患部を直接ケアしたい人は外用薬がおすすめ。
最近の貼り薬は、色もにおいも目立たない外用薬が増え、女性にも使いやすくなっている。ひと昔前のシップとはだいぶ異なる。

鎮痛消炎成分

サリチル酸メチルサリチル酸グリコール

穏やかな毒真痛消炎作用をもつ成分。
皮膚の知覚神経をごくごくわずか麻痺させることによって頒痛消炎作用を現したり、末梢血管を拡張して血流を改善すると考えられている。体内でサリチル酸に分解され、プロスタグランジン合成をブロックして毒真痛消炎作用を現すともいわれている。

ジクロナクナトリウム、フェルビナク

医療用医薬品からスイッチされた非ステロイド性鎮痛炎薬。痛みのもとになるプロスタグランジンを合成する酵素の働きをブロックすることにより、優れた鎮痛消炎作用をもたらす。これは、頭痛や発熱時に用いる内服薬のイブプロフェンやアセチルサリチル酸(アスピリン) などと同じ働き。

貼り薬で肌がかぶれやすい人は塗り薬や内服薬を試してみてもいい。ただし、アスピリンぜん息がある人の場合は、内服薬も外用薬も使えない。

トウガラシエキス

温感タイプの外用薬の居所刺激成分。皮膚の表面を温め血行を促進する。局所に熱がなく、温めると楽になる凝りや痛みに。熱感や腫れがあるときはまず冷感タイプで炎症を鎮めてから、温感タイプに切り替えると早く症状が改善する。

肩こり・関節痛の薬(炎症・痛みを抑える)

外用薬

    炎症・痛みを抑える

  • ジクロテクトゲル
  • 消炎鎮痛成分ジクロフェナクナトリウムを医療用と同量(1%)配合。炎症の原因となるプロスタグランジンの生成を抑え、痛みを和らげる。よく伸びるゲル状で素早く乾き、さらっとした使用感。

  • ボルタレンACテープ
  • 炎症の原因となるプロスタグランジンの生成を抑制するジクロフェナクナトリウムを医療用と同量(1%)配合。縦横に伸縮性があるテープ剤で、1日1回の使用で効果が持続。

  • サロンパスA
  • 炎症を抑え痛みを績めるサリチル酸メチル、血行を促進するビタミンEなどを配合。肩こり、腰痛、筋肉痛、打撲などに効く。高分子吸収体の使用により汗を吸収し、皮膚刺激が少なくかぶれにくい。

  • パテックスフェルビナクメントールゲル
  • 痛みの原因物質プロスタグランジンの生成を抑えるフェルビナクを配合。肩こりの肩の痛み、腰痛などに効く。べたつかないゲル状で、容器から直接患部に塗れ、さらっとした使用感。
    血行促進

  • サロンパスEX温感
  • 消炎鎮痛成分としてインドメタシンを3.5%配合。温感作用により患部の血行を促進して痛みを和らげる。腰痛、腱鞘炎、打撲、捻挫などにも効く。肩や首の付け根に貼りやすいサイズ。

  • ニューアンメルツヨコヨコ
  • 炎症を抑え、痛みを和らげるサリチル酸グリコールに加え、血行を促進するニコチン酸ベンジルエステルなどを配合。持ちやすい形状の容器で、背中や腰にもスムーズに塗布できる。

内服薬

  • ナボリンS
  • 末梢神経の傷を修復するメコバラミンと葉酸に加え、血流を促進するビタミンE、筋肉疲労を回復するB l などを配合。肩こり、腰痛、神経痛、手足のしびれ、眼精疲労などにも。

  • アリナミンEXプラス
  • ビタミンB1誘導体のフルスルチアミン、ビタミンB群、エネルギー産生にかかわるパントテン酸カルシウム、血流を促進するビタミンEなどを配合。眼精疲労や肩こり、腰痛などに効く。

  • コンドロイチンZS錠
  • 人間の軟骨や骨などに含まれる成分コンドロイチン硫酸ナトリウムを1錠に260mg配合。関節痛をはじめ、神経痛、腰痛、五十肩、神経痛、神経性難聴などに効果がある。

  • ロート独活葛根湯錠
  • 首すじや肩の筋肉の緊張を和らげる葛根湯に加え、関節や筋肉の冷えなどによる痛みを積めるドッカツ、血流を改善するジオウなど9種の生薬成分を配合。身体を内側から温め、肩こりに効く。