未分類」カテゴリーアーカイブ

腰痛や肩こり、ひざ関節などの関節痛や神経痛には「トンデケア」、あき竹城さん、九重親方(元千代大海関)がCMキャラクター

トンデケア

関節痛に飲んで効く!トンデケア

非常に多くの日本人が悩んでいる肩こりや腰痛、ひざ関節の痛みといった関節痛や神経痛。男性が自覚する症状として第一位なのが腰痛。女性の場合は肩こり。さらに、ひざ関節など手足の関節痛を訴える人も計り知れないほど多数います。これらの症状で、あなたは悩んでいませんか?

つらい関節痛の原因とは?

そもそも、なぜ関節痛は起きるのでしょうか。痛みが起こる原因をみてみましょう。
骨と骨の間には、こすれ合う部分を保護し、クッションの役割を果たす『関節軟骨』があるのですが、これは、老化や摩耗などによってどんどんすり減っていってしまいます。
そして、骨の表面には痛みを感じる神経が通っているため、軟骨というクッション材がなくなってしまうと骨同士がこすれ合い、痛みが発生するのです。

すり減ってしまった関節軟骨は再生されず元には戻らないので、それ以上進行しないようにするのが大切です。我慢できずに手術を受ける人もいます。
そこで、そんなつらい痛みに、飲んで効くのが『トンデケア』です。

7つの有効成分が関節痛・筋肉痛・神経痛のつらい痛みに効く

  • フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
  • ニコチン酸アミド(ビタミンB3)
  • パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

が筋肉や神経組織に必要なエネルギーの産生を促します。

  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
  • シアノコバラミン(ビタミンB12)
  • ガンマーオリザノール

が自律神経や末端神経などの神経系を正常に働かせます。

  • ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

が血流を促進し、肩こり・腰痛・手足のしびれを緩和します。

トンデケアの用法・用量

次の量を1日1回、食後すぐに水またはお湯で、かまずに服用します。
成人(15歳以上):2~3錠
15歳未満は、服用してはいけません。

『トンデケア』は、効果が承認された医薬品。神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、眼精疲労の症状を緩和する効果が認められています。
詳しくはこちら↓
トンデケア

目の乾きをとるのは防腐剤フリーの目薬

3つに分類される目薬

通常、使用頻度の高い目薬は大きく三つに分けられる。一つめはドライアイ用。主成分は保湿成分のコンドロイチン硫酸ナトリウムや、ミネラルイオンを含む人工涙液。
コンドロイチンは目の表面を覆う涙液層を保護して涙の蒸発を防ぐ。不足した涙を補う人工涙液は、1日5~6 回を目安にこまめに使ったほうが効果がでやすい。
乾いた日は刺激に敏感なので、なるべく防腐剤を含まない薬を選ぶのがポイント。

二つめは疲れ目用目薬。ピント合わせに働く毛様体筋の緊張を緩めるネオスチグミンメチル硫酸塩や、目の栄養となるビタミンなどが配合されている。交感神経を刺激して血管を収縮させるテトラヒドロゾリン塩酸塩を配合した薬も多い。
テトラヒドロゾリンは充血をとる効果に優れているが、連用すると逆に充血がひどくなることがある。疲れ目の背景にはドライアイが隠れていることも多いので、使用額度の高い人は刺激の少ないドライアイ用目薬に換えてみるのも改善のきっかけになることがある。

ものもらいや結膜炎には抗菌成分配合の目薬を使用する

三つめは、細菌感染によるものもらい(麦粒腫)や結膜炎などをケアする抗菌成分配合の目薬。ブドウ球菌などに対して抗菌作用を発揮するサルファ剤のスルファメトキサゾールなどが配合されている。ウイルス性結膜炎には効果がないので、3〜4 日使ってもスッキリしないときは眼科を受診しよう。このほか、目にほこりが入ったときなどにすぐに使える専用カップつきの洗眼薬もある。洗眼液に汚れが混入しないようアイメークを落としてから使う。

目薬のタイプ別成分

ドライアイ用

目の表面を覆う涙液屠を保護するコンドロイチン硫酸ナトリウムを配合したものが多い。ほかに、不足した涙を補う目的で、塩化ナトリウムや塩化カリウムなどを含むシンプルな人工涙液もある。保水効果の高いヒアルロン酸ナトリウムを粘調剤として加え、保湿効果を高めた製品もある。

疲れ目用

毛様体筋をリラックスさせ、ピント合わせに働くネオスチグミンを主成分にした製品が多い。角膜や毛様体に栄養を与えるビタミンB2、B6、B12 なども配合されている。血管を収縮させて充血をとる交感神経刺激剤のテトラヒドロゾリンなどを配合した薬が多い。血管収縮剤は長期間連用すると、かえって充血を招くことがあるので使いすぎに注意しよう。万一、充血しやすくなった場合は目薬の使用を中止すれば治る。

結膜炎用

サルファ剤という種類の抗菌成分が配合されている。ものもらいや黄色い目やになど化膿性細菌による目のトラブルに効果を発拝する。ただし、ウイルス性結膜炎には効果がない。

目薬・洗眼薬

充血・疲れ目

血管収縮成分あり

  • サンテFX Vプラス
  • ビタミンB6 やアミノ酸などの栄養成分、ピント調節機能を改善する成分、結膜の充血を抑える成分を配合。栄養を与えて組織代謝を活発にし、目の疲れや充血を改善する。爽快感のあるさレb 地。

  • バイシン
  • 血管収縮作用のある塩酸テトラヒドロゾリンを配合。結膜の充血を取り除き、目の疲れを緩和する。目の疲れや不快感、かすみなどに。1 回1~2滴を1 日3~4回点眼する。
    血管収縮成分なし

  • マイティアフレッシュ40
  • ピント調節機能を改善するネオスチグミンメチル硫酸塩をはじめ、瞳に酸素を取り入れるアミノ酸、目の血行をよくするビタミンE などを配合。目のかすみ、日の疲れに効果的。

  • サンテドウプラスEアルファ
  • 水晶体を支える「毛様体筋」に作用して目の神経作用を回復させるビタミンB12をはじめ、血流をよくする天然型ビタミンE など5つの有効成分を配合。目の疲れや眼病予防などに効果がある。

  • ビュークリアビタコンタクト
  • 目の疲れの改善に有効なビタミンB12 とタウリンの2種の栄養成分に加え、角膜を保護する成分コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを配合。コンタクトレンズ装着時の不快な症状に効く。

かすみ目に

    全年齢向け

  • ロート養潤水α
  • 角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウム、天然型ビタミンEなど4種の有効成分を配合。就寝前の点眼により、睡眠中に角膜細胞の修復をサポート。やわらかなし心地。

  • マイティアビタミンB2B6E
  • 細胞呼吸を活発にするビタミンB2、目の新陳代謝を促すビタミンB6、血行をよくする天然型ビタミンEを配合した点眼薬。目の酷使による目の疲れやかすみ、かゆみなどに効果を発揮。
    中高年向け

  • アイリス50
  • ピント調節機能を改善する成分としてネオスチグミンメチル硫酸塩とビタミンB12を配合。新陳代謝を促進するビタミンB2やタウリンなども含有。目のかすみ、目の疲れ、眼病予防に効果がある。

  • スマイル40EXゴールド
  • 目の疲れを改善する3種のビタミン(ビタミンA、E、B6)をはじめ、目の細胞の代謝を高める2種のアミノ酸、ピント調節機能を高める成分など8つの有効成分を配合。目の疲れ、目のかすみに効く。

ドライアイ用

  • アイリス CL-I ネオ
  • 涙の成分である塩化ナトリウムと塩化カリウム、新陳代謝を促進するタウリンを配合。防腐剤を含んでいない。1回使い切りタイプで、コンタクトレンズ装用のままでの使用が可能。

  • New マイティアCL クールHi
  • 涙の成分である塩化ナトリウム、塩化カリウムに加え、新陳代謝を促す栄養成分ブドウ糖を配合。清涼感のある爽快なさし心地。コンタクトレンズ装用のまま使用可能。

  • ロートドライエイドコンタクト
  • 水分の蒸発を防ぎ潤いをとどめる粘稠剤、角膜を保護する成分、涙の成分である塩化ナトリウム、塩化カリウムを配合。コンタクトレンズ装用のまま使用可能。

  • アイボン トローリ目薬ドライアイ
  • 角膜保護成分コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、涙の成分の塩化ナトリウムと塩化カリウムなどを配合。とろみのある薬液が目の乾きを潤す。コンタクトレンズ装用のまま使用可能。

抗菌用

  • 抗菌アイリスα
  • 抗菌成分スルファメトキサゾールナトリウム、細菌感染による目の炎症やかゆみを鎮める成分、角膜保護成分などを配合。細菌が原因で起こるものもらいや結膜炎に効果を発揮する。

  • ロート抗菌目薬i
  • 抗菌成分スルファメトキサゾールナトリウム、2種の抗炎症成分を配合。目の表面に製剤が長くとどまる処方で、ものもらいや結膜炎によく効く。1 回便いきりタイプ。

洗眼薬

どうしても眠れないときの睡眠改善薬(睡眠鎮静薬)

旅先で興奮してしない眠れなくなってしまったり出張先のビジネスホテルで目が冴えてしまう、ストレスでイライラして眠れない、やっと眠ったかと思うとすぐに日が覚めてしまう… 。
こんなときは、睡眠を安定させる催眠鎮静成分が頼りになる。環境の変化などによる一時的な不眠なら、まず試してみたいのは睡眠改善薬。主成分は、かゆみ止めなどにも配合されている抗ヒスタミン薬のジフェンヒドラミン塩酸塩。脳のヒスタミン受容体をブロックし、中枢神経の働きを抑制して寝付きの悪さを即効で改善する。

不安や緊張感には、漢方やハーブなども

心身のストレス過多が続いて不安や緊張感が強いときには、ハープや漢方薬がおすすめ。リラックス作用をもつトケイソウやカノコソウ、ホップなどを配合した薬は、人によっては、効果が異なる
漠方薬も今の状態に合ったものを選べばよく効く。即効でよく眠れるようになる薬と、継続することでじわじわと効果を発揮する薬とがあるが、日中のイライラや緊張感、不安感なども緩和するメリットがある。
心が高ぶりイライラして怒りっぼくなつている人は抑肝散を試してみよう。子供のかんの虫にもよく使われる薬で、気分を落ち着かせて眠りやすくする。疲れ切っているのに目が冴えて眠れない、気力が低下して眠さんそうにんとうれないという場合には、酸棗仁湯(さんそうにんとう)がいい。加齢によるスタミナ不足で寝付きが悪くなつてきた人などには即効で効くこともある。
くよくよ考えすぎて心が疲れ、夜中に日が覚めやすい人はかみきひとう加味帰脾湯(かみきひとう)を試してみよう。いずれも、多くとるほど効くわけではないので用量を守った上で服用したい。

催眠領静成分には化学的な成分のほか、神経の高ぶりや不安感の漢和などにも使えるハーブや漢方薬がある。睡眠改善薬は抗ヒスタミン薬が主成分。即効性を感じられる場合が多いが、処方薬の睡眠導入薬とは成分が異なる。体調不良も伴う場合は漢方薬がおすすめ。

不眠、鎮静に効果の成分

抗ヒスタミン薬

炎薬やかゆみ止めとしてもよく用いられる成分。中枢神経抑制作用が特に強いジフェンヒドラミン塩酸塩が、一時的に寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなったりしたときの不眠改善薬として用いられている。既に慢性的になってしまっている不眠には適さない。副作用として口の渇きや下痢が起こることがある。風邪薬鼻炎薬乗り物酔いの薬などにも抗ヒスタミン薬は配合されているので、併用しないように注意したい。併用してしまうと、一時的に血中濃度が上昇し、副作用がでてしまう。

ハーブ

領静作用をもつトケイソウやカノコソウ、ホップなどのエキスを組み合わせて配合した薬が多い。心身をリラックスさせて眠りに導く。不安や緊張が強い人によく効く。就寝の30~60分前に服用すると効果的。
日中とった場合はリラックス効果のみで、眠くなることは少ない。

漢方薬

ストレスや栄養の偏り、加齢などの影響でアンバランスになった心身を整え、落ち着かせて眠りやすくする薬がある。現状に合ったものを選ぶと即、効果がでて眠りが改善されるケースも多い。
日中のストレス対策にも有効で体調全般を整えるメリットがある。体質に合った薬の場合、およそ2週間程度で効果が実感できる。

睡眠鎮静薬一覧

ジフェンヒドラミン塩酸塩配合

  • ドリエルEX
  • 眠気をもよおす効果のある抗ヒスタミン成分のジフェヒドラミン塩酸塩を水溶液のままソフトカプセルに封入。服用後すみやかに有効成分が放出される。一時的な不眠に効く。

  • ネオデイ
  • 抗ヒスタミン成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩を配合。脳内のヒスタミンの作用を抑え、眠気をもよおす効果がある。寝付きが悪いときや眠りが浅いなど、一時的な不眠症状の緩和に。

  • グ・スリーP
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩が、覚醒作用のあるヒスタミンの働きを抑制して、眠気をもよおす効果がある。寝付きが悪い、眠りが浅いといった一時的不眠の症状に効く。

漢方・ハーブ

  • 漢方ナイトミン
  • サンソウニンなど5 種の生薬成分からなる漢方処方「酸棗仁(さんそうにん)湯」による製剤。心身のバランスを整え、不眠を改善する。ストレスなどによる精神不安、不眠などの症状に効く。

  • アロパノール
  • チョウトウコウ、サイコ、カンゾウなど7種の生薬を配合。神経の高ぶりを績め、不安や緊張、不眠、頭重といった神経症、不眠症の症状を改善。更年期障害、神経過敏などにも。

  • ホスロールS
  • サンソウニン、ブクリュウ、チモなど5種の生薬を配合。睡眠のリズムを整えて自然な眠りに近づけるとともに、ストレスなどによる不安や緊張を和らげる。服用しやすく、携帯にも便利な顆粒タイプ。

  • パンセダン
  • 鎮静作用をもつパッシフローラ、セイヨウヤドリギ、カギカズラ、ホップの4種の植物性エキスを配合。ストレスなどによるイライラ感、会議などの緊張感、それらに伴う頭重、疲労倦怠感の緩和に。